Loading...
日本チェロ協会 メルマガ登録・解除

HOME > チェロの公演情報 > 「次代へ伝えたい名曲」 第13回 モルゴーア・クァルテット

イベントを読み込み中

チェロの公演情報

「次代へ伝えたい名曲」 第13回 モルゴーア・クァルテット

「次代へ伝えたい名曲」 第13回 モルゴーア・クァルテット

2018年5月12日(土)

開演:15:00

会 場

彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1

出 演

モルゴーア・クァルテット
荒井英治、戸澤哲夫(ヴァイオリン)、小野富士(ヴィオラ)、藤森亮一(チェロ)

料金等

全席指定(税込)
正面席4,000円
バルコニー席3,000円(U-25対象者1,500円)
*U-25は公演時25歳以下の方対象。当日要身分証明書。彩の国さいたま芸術劇場にて取扱い。

曲目等 ハイドン:弦楽四重奏曲 ト長調 作品33-5 Hob.Ⅲ:41 「ごきげんいかが」
ツェムリンスキー:弦楽四重奏曲 第3番 作品19
ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲 第9番 変ホ長調 作品117
メタリカ(荒井英治編):メタルマスター(マスター・オヴ・パペッツ)
その他

※【関連企画】『モルゴーア 荒井英治が語る!コンサートの聴きどころ』 
2018年4月1日(日)14:00~ 彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール 

 

現代日本を代表するベテランの実力派音楽家が、これまでの音楽人生を振り返り、次の世代に向けての思いを込めて編んだプログラムで臨むリサイタル・シリーズ、それが「次代へ伝えたい名曲」です。 
第13回目にはシリーズ初のアンサンブル、2017年に結成25周年を迎えた日本屈指の弦楽四重奏団モルゴーア・クァルテットが登場します。近年はクラシックファンのみならず、プログレッシヴ・ロック作品の演奏で異ジャンルからも注目を集めている彼ら。メンバーひとりひとりが国内有数のオーケストラで活躍する名手でもあり、彼らの斬新な取り組みと曲の核心に迫る演奏は常に話題と熱狂を呼んでいます。 
プログラムは、古典作品から現代までモルゴーアの魅力と歴史がつまった聴き応えのある作品がならびました。 
これぞ必聴!ぜひご期待ください。 

 

■出演者からメッセージ 
弦楽四重奏のための「名曲」と呼ばれるものは多数あります。しかしいわゆる「人気曲」として挙げられるのは「名曲」の中のごく一部です。さらに言うならば、本当に弦楽四重奏ならではの音楽の「深み」を内に湛えているのは「知られざる名曲」のほうだと言ってもよいかもしれません。 モルゴーア・クァルテットは長く活動を続けてきましたが、いわばこうした「知られざる名曲」探険に努めてきました。 
今回、選曲にあたっては、モルゴーアにとって懐かしい曲、思い出深い曲という視点も持ちつつ4曲を選びました。 前半は古典派と表現主義にみるウィーンをハイドンとツェムリンスキーに訪ねます。後半はプロテストとしての音楽を、スターリン圧制下のソ連で活動を続けたショスタコーヴィチと、世紀末的なロック形態であるヘビメタの代表格であるメタリカに登場してもらい、未来の音楽を考察する上での足掛かりにしたいと考えています。 
モルゴーア・クァルテットの四半世紀の活動をぎゅっとまとめたプログラムとして興味深いものになったと自負しております。 

お問い合わせ

SAFチケットセンター 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00) 
※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。http://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/4677 

※公演内容やチケットに関するお問い合せは、各公演の問合せ先へお願い致します。

公演情報をお寄せ下さい

チェロに関連するイベントや公演の情報掲載依頼をお待ちしております。ぜひ、あなたの演奏活動の告知にお役立て下さい。

※掲載の保証はいたしかねますが、本コーナーの趣旨に合う情報であれば業種を問わず歓迎いたします。

  • 日本チェロ協会の会員、チェロ協会と親交の厚いチェリストをご紹介します。
  • 日本チェロ協会会報誌 JCS News